homeお部屋探しのテクニック

納得できるお部屋探しのテクニック

初めてのお部屋探しは緊張したり、何を伝えればよいかわからないものです。その為、初めてのお部屋探しで失敗してしまったケースが多いの現状です、そんなはじめてのお部屋探しを楽しくする為のテクニックを伝授致します。

お部屋探しのマニュアルを見る お部屋探しの失敗例を見る 最低限これだけは確認しておこう!

お部屋探しのマニュアルを見る

希望条件を書き出す

まず、「どこに住むか」「予算はいくらか」「間取は?」等、ご自分の希望条件を書き出します。 その際、「この条件は譲れない」「これはどっちでもいい」など、希望条件に優先順位を付けたり、 「なぜその条件が自分にとって必要なのか」といった理由も書き出しておくと、ホットハウスに訪問した際、交渉がスムーズに進行します。

情報収集をする

住宅関連雑誌やインターネットなどで情報収集。
先ほど書き出した「希望条件」と照らし合わせながら、希望にかなう物件
情報を何点かピックアップしましょう。
当然のことながら、「希望条件」を100%満たす物件情報はなかなかございません。先ほどの「希望条件の優先順位」をもとに、優先順位の高い条件を満たす物件情報を探すことを念頭に!

ホットハウスへ訪問

訪問前に、「物件の有無」「訪問予定日時」を伝えましょう。
訪問の際には、当該物件が気に入った理由とご自分の希望条件、優先順位を伝えると、他の物件情報を紹介してくれるかもしれません。

物件を下見

物件情報を何点かピックアップし、下見したい旨を伝えましょう。
1日で見てまわれる物件数としては、3~5件程度。
現地では、メジャーで収納の奥行きや冷蔵庫等家具・家電の設置場所の広さをメジャーで採寸し、手渡された間取図に書き込むと便利です。

比較検討

下見した物件情報のなかから、契約したい物件情報を比較検討しながら決定。ここでもやはり、最初に書き出した希望条件と優先順位が役に立ってきます。
「今の部屋が狭くなったから」「仕事場から遠かったから」等、自分が引越ししたいと思ったきっかけを思い出すと、どの物件が自分に最もふさわしいかがわかりま す。

 

お部屋探しの失敗例

周辺について調べなかったため・・・

部屋の中だけを重視して満足していても、周辺の騒音など、その他、利便性なども重視したほうが、良かったと思います。やはり、最低でも1年は住むと思いますので、極力妥協しない事をお勧めします。

1階の物件を選んでしまって・・・

1階は家賃が安くて、即決してしまったのですが、防犯上窓を開けて寝られませんし、夏は暑くて最悪です、通りに面している場合は、人と目が合ってしまうので、カーテン(レース)は必須になります。さらに冬は1階なので寒くなってしまいます。
少々家賃が高くても3階以上をお勧めします。

あまり日当たりを気にしなかったら・・・

日当たりを重視しないと、部屋の中が夏はジメジメしてしまいますし、カビなどの原因になってしまいます。更に、暗くなるので、電気代なども高くついてしますし、洗濯物もあまり乾きません。

木造を選んでしまって・・・

木造の場、鉄筋コンクリートに比べて、隣人の声や生活音など聞こえる場合がありますので、不動産業者にはまず、隣の生活音などや壁の厚さ、素材なども聞いて見ると良いと思います、また、夕方から夜にかけて部屋の下見をするとまた、違った所が見えますので、出来れば夜行ってみると尚グッドです。

最低限これだけは確認しておこう!

風通し、日当たり良好

日が当たらないと、カビの原因になりますし、女性であればお化粧をする時に薄暗いと大変ですよね、日中でも薄暗いと電気代がかかりますので、光熱費の負担になります。できれば午前、午後と分けて下見に行くと良いです。

1階の部屋ではないこと

1階の部屋だと、女性は大変危険かと思います、間取りにもよりますが、洗濯物も外では干すのが難しくなります、常にカーテンをついてる状態になります。夏は暑く、冬は寒い状態ですので、3階以上をお勧めします。

トイレと風呂が別で脱衣所がついていること

いわゆるユニットバスですが、ユニットバスは不衛生とう事が言えます。トイレに入ったあと、お風呂入も入りづらい事もありますし、脱衣所などあったほうが、友人が泊まりに着ても、着替えする場所があるのは大変便利です。

木造ではなく、鉄骨であること

木造に比べて鉄筋のほうが遮音性はには軍配が上がるので、生活音など気にする方は、一度不動産業者に聞いてみると良いと思います。その際に夜なども下見してみると騒音のレベルも分かると思います。

玄関から居間へ入るまでにドアが1枚あること

ワンルームだと、間取りにもよりますが、玄関からドアがなく直に自室になる場合だと、冬は冷気が玄関ドアの隙間から入ってきてとても寒く、仕切りや、ドアなどがあったほうが、冷気を遮断できます。

最初に○万円以内と決めてから間取りを探す

不動産業者にもよりますが、例えば、7万円の物件で探している場合、75,000円~80.000円の物件を紹介されますので、金額を言う時には65,000円からというと希望の金額を紹介されます。